洋画な日常

洋画まみれな人がネタバレを避けて紹介していくブログ

洋画な日常

『ダークナイト』感想・紹介・レビュー【メフィストフェレス降臨】

ダークナイト

ダークナイト (字幕版)

 

2008年のアメリカ・イギリス共作のアクション映画。
監督・脚本を前作に続きクリストファー・ノーランが務めた

DCコミックスの出版するアメコミ『バットマン』を原作とした実写映画作品で「ダークナイト・トリロジー(Dark Knight Trilogy)」の第2作目。

出演
  • クリスチャン・ベール
  • ヒース・レジャー
  • アーロン・エッカート
  • マギー・ジレンホール
  • マイケル・ケイン
  • ゲイリー・オールドマン
  • モーガン・フリーマン 

 

『バットマンビギンズ』に続く3部作の2作目である今作。
クリストファー・ノーランの描く『バットマン』はエンターテインメント性溢れるアメコミ映画という枠から飛躍して非常にスリリングな物語として確立している。

 

今作から、その名前を冠した映画も作られたことが記憶に新しいであろう皆さんご存知「ジョーカー」が現れる。

最早”悪役”という言葉だけでは言い表すことの出来ない唯一無二な存在で、存在そのものが悪魔的、”メフィスト”という表現をしても過言ではないかもしれないほどの印象を残す魅力的なキャラクターだ。

 

前作は、ブルース・ウェイン=バットマンが生まれるまでを描いたヒューマンドラマ的要素が強いが、今作はある意味でジョーカーのヒューマンドラマ的要素を盛り込んでいるとも取れると思う。

 

映画だけに限らず、ドラマやアニメやゲームに書籍などで魅力的な悪役というのは多数存在するが、こんなにも最高最悪悪魔的な存在が居ただろうか。
何度観ても、世界観だけでなくキャラクターの魅力によって引きずり込まれる。

 

序盤のあらすじ

道化師のマスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合う。

生き残った男はジョーカーであり、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。

ブルース・ウェインことバットマン、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンの三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすため活動していた。

ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼のキャリアをサポートを申し出、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。

ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。

引用:Wikipedia




前作の『バットマンビギンズ』もそうだったが、今作もシリーズものとして観なくてもこの2作目だけでも十分見応えがあり、映画として完成されているのがやはり素晴らしい。

 

人の心に棲む闇正義の限界、人としての尊厳憎悪など心理描写がしっかりと丁寧に描かれていて視聴者が様々なキャラクターに感情移入しながら観る事が出来る様になっている。

 

ジョーカー役を演じたヒース・レジャーは、撮影前に1か月もの間ロンドンのホテルに1人きりで閉じこもって「ジョーカー」という異質な悪役の声や笑い方を作り上げるという、とても真似できない圧倒的な役作りをしたのは有名な話。

 

ただ、彼はこの『ダークナイト』の完成を待たずにインフルエンザの薬や不眠症による睡眠薬の薬の併用摂取による急性薬物中毒の事故死により亡くなってしまったのが本当に悔やまれる。

 

「バットマン」という大人気シリーズはそのバットマンの人気だけではなく、その周りを彩るヒース・レジャーのような俳優陣によって作り上げられているからこそ、ここまで一大ムーブメントを起こし現代でも根強いファンが居るのだろう。

 

このダークナイト・トリロジー3部作を見返すたびに、制作陣のアメリカン・コミックへの情熱を思い知らされる素晴らしいシリーズだ。

 

 

 

 

↓↓Prime Video無料体験はこちら↓↓