洋画な日常

洋画まみれな人が1日1作品ネタバレを避けて紹介していくブログ

洋画な日常

『コードネームU.N.C.L.E.』感想・紹介・レビュー【オシャレでコミカルなスパイ】

この記事をシェアする

コードネームU.N.C.L.E.

コードネームU.N.C.L.E.(字幕版)

 

2015年の英米合作のスパイアクション映画。
1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』のリメイク作品となっている。

出演
  • ヘンリー・カヴィル
  • アーミー・ハマー
  • アリシア・ヴィキャンデル
  • エリザベス・デビッキ
  • ジャレッド・ハリス

 

今作はリメイク作品となっているが、作品のテイストは元ネタとは大分異なっている元々は「秘密組織に所属している主人公とその相棒が悪の秘密組織と闘う」という日本の特撮を彷彿とさせる様な作品。

 

この作品はかなり現代向けにリメイクされた非常に分かりやすい「スパイ映画」と言った仕上がり。
テイストが異なっているとは言ったが、「原作の方が良かった」「元ネタから劣化した」なんていう事は一切なく、リメイク作品としてしっかりと面白い。

 

アメリカとロシアのスパイが紳士的かつ友好的に協力し合うなんてことは無く、この二人の掛け合い、いがみ合い、罵り合いが軽妙かつ絶妙な表現で面白い。
そのやり取りも含め全てが格好良くオシャレでコミカル

 

f:id:potyoron:20200919014752j:plain

序盤のあらすじ

東西冷戦の最中の1960年代中盤。

アメリカ合衆国の中央情報局(CIA)とソビエト連邦のソ連国家保安委員会(KGB)は、核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織の存在に気付き、この組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことになった。

直前まで東ベルリンから亡命する東ドイツ人エンジニアのギャビー・テラー(アリシア・ヴィキャンデル)の脱出劇を巡り対峙していた、CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)が抜擢される。

引用:Wikipedia

 

 

映画自体の面白さ、音楽の良さは勿論、登場人物のキャラがこの上なく良い。

プレイボーイ、天才的な盗みの技術、口の巧い天才肌の「ナポレオン・ソロ」
労働収容所出身、超人的な運動能力、不器用で無口な「イリヤ・クリヤキン」

 
時代を考えれば、国籍だけで争う理由になる2人の何もかも真逆なコンビ。
台詞の言葉選びのセンスの良さもさることながら、表情や間が面白さに拍車を掛けている。

 

テンポの良いストーリー展開と、キャラクター達の掛け合いに表情とキャラクター自体の設定が上手く絡み合い、スリリングでありながらも所々で笑いながら観ることが出来る。

 

ガイ・リッチー監督の作品は好きなものが多いが、個人的にはこれは上位に入る。
元ネタのある作品だから賛否両論あるのは分かるが、近年のスパイ映画としては最高の出来だと思っている。

 

最近のスパイ映画に多いスピーディーで派手なシーンこそ無いかもしれない。
だが、優雅で洒落のきいた何処か懐かしさすら感じる非常に面白い映画なので本当にオススメ。
続編を匂わせるラストだっただけに続編が待ちきれない。

 

 

 

 

↓↓Prime Video無料体験はこちら↓↓