洋画な日常

洋画まみれな人が1日1作品ネタバレを避けて紹介していくブログ

洋画な日常

『The Negotiator』感想・紹介・レビュー【2人の人質交渉人】

この記事をシェアする

The Negotiator

The Negotiator (字幕版)

 

1998年に製作されたアメリカ合衆国のサスペンスドラマ映画。
監督は、F・ゲイリー・グレイが務め脚本はジェームズ・デモナコ、ケヴィン・フォックスが務めた。

出演
  • サミュエル・L・ジャクソン
  • ケヴィン・スペイシー
  • デヴィッド・モース
  • ロン・リフキン
  • ジョン・スペンサー

 

横領殺人という2つの濡れ衣を着せられてしまった、シカゴ警察の人質交渉人である主人公がいかにして無実を証明していくかという今作。
人質交渉人である主人公が自ら人質を取って、交渉人として冷静沈着で有能な別の分署の刑事を指名するという展開。

 

視聴者側は、主人公が無実であることを分かっているのでここからどうやって証明していくんだろうかと、どんどん話に引き込まれていく且つ感情移入して行ってしまう。
スピーディーなストーリー展開ではあるが、息づまる展開でもあり釘付けになる

 

序盤のあらすじ

シカゴ警察東分署の刑事、ダニー・ローマンは凄腕の交渉人。
ある晩、彼は相棒のネイサン・ローニックから、署内の人間が警察年金基金を横領している事実を聞かされる。

その中には内務調査局長のテレンス・ニーバウムの名前もあった。
別れた直後、ネイサンは殺害され、後日、ダニーの自宅から横領に関わる証拠が発見され、ネイサン殺害と横領の罪で逮捕されてしまう。

自分を罠にかけた人間がニーバウムと察したダニーは司法取引の一日の猶予を使い、身の潔白を証明するため、内務調査局へ向かい、彼を人質に籠城を開始する。
そして交渉人として西分署のクリス・セイビアンを指名する。

引用:Wikipedia

 

f:id:potyoron:20200918175710j:plain

 

冒頭の人質交渉のシーンの時点でグッと作品の中に引き込まれていき、そのままラストまで観てしまっていた。

そして終始、交渉人であるサミュエル・L・ジャクソンとケヴィン・スペイシー2人の駆け引きがスリリングで息をのむ暇もない
それでいて、この2人の脇を固める俳優陣の演技や表情も素晴らしかった。

 

登場人物の心理描写や、交渉人=ネゴシエーターの役割や難しさをストーリー展開のテンポを崩さない様にしつつも丁寧にバランスよく描いている。
このバランスを保つのは結構難しいと思うので、素直に凄いなと感じた。

 

個人的にではあるが、サミュエル・L・ジャクソンが長々と喋るシーンのある映画ってあんまり外れがないなぁとまた改めて実感したそんな映画。

 

2時間19分と長めの映画で敬遠する人も居るかもしれない作品ではあるが、恐らく観始めてしまえば時間なんて気にする暇もなく終わってしまうので1度観てみてほしい。

 

 

 

 

↓↓Prime Video無料体験はこちら↓↓